《アレンジティーレシピ》

加賀ほうじ茶ジュレ×南国フルーツ

くらしを楽しむことは、旬を楽しむこと。
焙じ茶のさまざまな旬を、丸八製茶場からご紹介します。

column/2022/0808/165997024402_1400_1400_100_auto.jpg

「加賀ほうじ茶」でつくった寒天ジュレとシロップに南国のフルーツを合わせた、暑い夏にぴったりのアレンジティー。仕上げに加えた炭酸ののどごしと、寒天のつるんとした食感が、デザートのような満足感を感じさせてくれます。

ほのかに柑橘系の香りがある「加賀ほうじ茶」は、フルーツとの相性もぴったり。華やかでヘルシーなアレンジティーで、涼やかな夏のひとときを過ごしませんか。

加賀ほうじ茶ジュレ×南国フルーツ レシピ

材料(2人分):
①寒天ジュレ
「加賀ほうじ茶」 茶葉10g(大さじ約5杯)
熱湯 300ml
寒天粉 1g
砂糖 大さじ3杯
水 100ml

②焙じ茶シロップ
「加賀ほうじ茶」 茶葉8g(大さじ約4杯)
熱湯 150ml
砂糖 30g

炭酸水(無糖) 70ml
冷凍フルーツ(マンゴー・パイナップル)


①の材料で寒天ジュレを作ります
1)鍋に寒天粉1gと砂糖大さじ3杯、水100mlを入れ火にかけて溶かし、沸騰してから1分ほどで火を止めます
2)急須に茶葉10gと熱湯300mlを注ぎ、3分浸出します
3)お茶と、鍋で溶かした寒天を混ぜ合わせます。粗熱を冷まして冷蔵庫へ入れて固めます

②の焙じ茶シロップを作ります
4)急須に茶葉8gと熱湯150mlを入れ、1分浸出します。お茶に砂糖を加え、粗熱を冷ましたら冷蔵庫へいれます

5)グラスに①の寒天ジュレを適量入れ、冷凍フルーツ(マンゴー・パイナップル)を入れます
6)焙じ茶シロップ50mlと炭酸水70mlを入れ、混ぜ合わせて出来上がり

お好みでさまざまな種類の冷凍フルーツをいれて、ぜひお試しください。

加賀ほうじ茶

加賀ほうじ茶