11月の季節のほうじ茶 藤かおり

丸八製茶場が毎月数量限定で発売している「季節のほうじ茶」は、
さまざまな品種の茶葉を、その個性が生きる焙煎で仕上げた焙じ茶です。

column/2022/1027/166685097402_1400_1400_100_auto.jpg

官能的で優雅な香りに
甘く陶酔して。

丸八製茶場では、毎月限定の商品として「季節のほうじ茶」を販売しています。11月の「季節のほうじ茶」は、「藤かおり」です。

ハチャトリアンの組曲『仮面舞踏会』の「ワルツ」は、フィギュアスケートのプログラムでよく使われる、クラシックの名曲です。もともとはロシアの貴族社会を批判的に描いた戯曲『仮面舞踏会』のためにつくられた曲でした。

華やかな中に誘い込むような官能をはらんだメロディは、仮面によって素性を隠した人々の秘密めいた興奮を感じさせます。そんな仮面舞踏会は、さまざまな物語の舞台となっており、映画や小説でそのシーンに触れたことのある方も多いのではないでしょうか。

11月の「季節のほうじ茶」は、そんな官能的な曲が思い浮かぶ、うっとりするような甘い香りを特徴としています。

ブドウのような芳醇な香り。
焙煎によって、力強く立ちのぼる甘さに。

「藤かおり」は、静岡県藤枝市で生まれた品種です。「焙茶noma」にも使われている品種ですが、こちらの「藤かおり」は、酸化発酵を止めるために行う加熱を、蒸しではなく、釜炒りという手法で行っています。釜炒りのお茶には「釜香」と呼ばれる、特有の豊かで芳ばしい香りがつきます。

column/2022/1027/166685107704_1400_1400_100_auto.jpg

「季節のほうじ茶」の「藤かおり」の茶葉。釜炒りで仕上げた茶葉は、少し丸みを帯びています。

自然のものである茶葉は、育て方や仕上げの方法、保存期間によって味が変わります。今月の「季節のほうじ茶」の「藤かおり」は、ブドウの果実のような華やかで甘い香りが特徴。焙煎によってより芳ばしく、甘く仕上がりました。
肌寒い秋の夜は、家の中で映画や本を楽しむのにぴったりです。温かい「藤かおり」を片手に、ぜひ仮面舞踏会をテーマにした作品も一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

*「藤かおり」は2022年11月1日発売です
*オンラインショップでの販売はございません
*2022年11月の期間・数量限定商品です。
 限定数に達した場合は販売終了とさせていただきます