色づく季節の、noma

くらしを楽しむことは、旬を楽しむこと。
焙じ茶のさまざまな旬を、丸八製茶場からご紹介します。
今回は、2022年9月17日発売の「焙茶noma(ノマ)」についてです。

column/2022/0826/166153533202_1400_1400_100_auto.jpg

豊かに色づく季節を楽しむ、
大人の時間の、noma。

夜に吹く風にふと涼しさを感じたと思うと、いつの間にか秋がやってきます。暑さを避ける必要も、寒さから身を守る必要もない、肌に心地よい空気は、なぜか人を内省的にしてくれるもの。季節の移ろいがより繊細に感じられるこの季節には、落ち着いた時間を香りで彩る焙じ茶はいかがでしょうか。

「焙茶noma(ノマ)」の「noma」という名前には、人と時間との「間(マ)」を豊かにしたいという想いが込められています。今季の「焙茶noma」は、じっくりと静かに自分の時間を過ごす、そんな秋の夜長を豊かに楽しむお茶です。

使われているのは、「藤かおり(藤枝かおり)」と呼ばれる「印雑(いんざつ)品種」の茶葉です。「印雑品種」とは、明治初期にインドからもたらされた紅茶向けの種子に由来した品種のこと。紅茶を思わせる、香り高く華やかな風味が特徴です。

column/2022/0826/166153533804_1400_1400_100_auto.jpg

今季の「焙茶noma」の茶葉。希少な印雑品種の焙じ茶は、丸八製茶場でも人気の商品です。

写真家の北岡稔章(としあき)さんによる、季節を色彩で表現した写真に、書家の池多亜沙子さんによる墨象(前衛書道)のモチーフをあしらったパッケージは、紅葉深まる鮮やかな秋の景色をイメージさせてくれます。

column/2022/0826/166153534806_1400_1400_100_auto.jpg

さまざまな楽しみ方ができる今季の「焙茶noma」。水出しで楽しむ際には、ティーバッグタイプが便利です。

一昨年まで「印雑焙茶マリコロード」という名前で発売されていた今季の「焙茶noma」。花や果実のような華やかな香りの焙じ茶は、ミルクティーやロシアンティーなど、甘くアレンジしていただくのもお勧めなのですが、今回は「焙茶noma」そのままの味を、じっくりと楽しむ方法をご紹介します。

温かくいれたnomaは、
チーズケーキと。

温かくいれた「焙茶noma」は、優しい渋味があるため、しっかりとした味わいのものと相性抜群です。濃厚な口当たりのチーズケーキと合わせると、焙じ茶の柔らかな渋味とチーズの酸味がハーモニーとなって感じられ、より奥行きのある味わいを楽しんでいただけます。静かな秋の夜の心落ち着く時間を、「焙茶noma」の深みある味わいが、ゆったりと包み込みます。

column/2022/0826/166153535308_1400_1400_100_auto.jpg

こだわりのお茶を楽しむ時には、器にもこだわりたいもの。夜のティーテイムはホットワイン用の耐熱のグラスで、一味違う大人の時間を演出。

水出しのnomaは、ドライフルーツと合わせて
ワインのように。

水出しにした「焙茶noma」は、葡萄のようなフルーティーな味わいとフローラルな品のある香りを、白ワインのように楽しむことができます。お勧めのペアリングは、ドライフルーツ。果物の酸味や甘味が凝縮された味わいが、華やかな香りによって引き立ちます。冷たい焙じ茶と、色々な果物のドライフルーツは、一口ずつじっくりと味わっていただきたい組み合わせです。

column/2022/0826/166153535910_1400_1400_100_auto.jpg

器は、ぜひ飲み口が広めのワイングラスで。器の違いで、香りや味わいが豊かに感じられます。

◎「焙茶noma」の水出し

材料:
「焙茶noma」 6g(大さじ約3杯)※市販のお茶パックに入れる
または「焙茶noma」ティーバッグ2個
冷水 600ml
浸出時間:3時間
*ちょうど600mlが入る「加賀棒茶水出し用ポット」が便利です
*あらかじめ冷蔵庫で冷やしておいた冷水でつくることで、すっきりとした甘味が出ます

茶葉と水をポットに入れて、冷蔵庫で3時間。
手軽に本格的な味わいを楽しめます。
お好みに合わせて、茶葉や水の量、浸出時間を変えてお試しください。

ウイスキーのように
オンザロックで。

定番の飲み方を楽しんだら、ひと手間プラスして、オンザロックはいかがでしょうか。熱湯で濃い目にいれ、氷で急冷することで、焙じ茶ならではの芳ばしい香りと、濃厚でスモーキーな味わいが感じられます。

column/2022/0826/166153536812_1400_1400_100_auto.jpg

グラスはもちろん、ウィスキーグラスで。ゆっくりと氷が溶けていく様を眺めながら長い秋の夜を楽しみましょう。

◎「焙茶noma」のオンザロック

材料(1人分):
「焙茶noma」 3g
または「焙茶noma」 ティーバッグ1個
熱湯 70ml
*器は耐熱性のものをお使いください。

1)急須に茶葉3g(「献上加賀棒茶」ティーバッグは1個)を入れ、熱湯70mlを注ぎます
2)40秒、じっくりと待ちます
3)器にたっぷりの氷をいれてスタンバイ
4)氷の上から最後の一滴まで注いだら心地よい音とともに召し上がれ

希少品種の焙じ茶で、
多彩に「旬」を楽しむ。

希少な印雑品種の個性をいかし、贅沢に焙じ茶に仕立てた今季の「焙茶noma」。いれ方や、飲む時の温度、味わう時の器によって、多彩な表情を見せてくれる奥深い焙じ茶です。「旬」をお届けする、この季節だけの「焙茶noma」。あなただけの「旬」の楽しみ方を、見つけていただけますように。

column/2022/0826/166153537514_1400_1400_100_auto.jpg

透明のグラスには、焙じ茶の色が綺麗に映えます。ご自宅にあるさまざまな器との相性も楽しんでみてください。

*「焙茶noma」は2022年9月17日発売です
*季節・数量限定商品です。
 限定数に達した場合は販売終了とさせていただきます

焙茶noma

焙茶noma